薄毛に悩む人は意外に多くいます

身近に同じ悩みを持つ人がいると少し安心します。でも話題が話題だけになかなかぶっちゃけ話ができない… そんな風に思うとどんどん不安になってしまうものです。でもあなただけではありませんので安心してください!

カツラメーカー大手のアデランスが実施した調査によれば、薄毛に悩む日本人男性は1000万人を超えていて、年々増加傾向にあるという結果が出されました。
アデランスでは1982年から毎年世界の薄毛に悩む人の多い国ランキングを発表しています。

1位…チェコ 42.79%
2位…スペイン 42.6%
3位…ドイツ 41.24%

ヨーロッパ勢が上位を独占しています。
4位にアメリカが入り、日本は14位と順位の上だけでは欧米ほど薄毛率が高くないという結果が出ていますが、
人口を考慮に入れれば上位3位はどの国もアメリカや日本ほどの人口がいない国なので4位のアメリカは世界一の薄毛大国と言えるかもしれません。
そして日本はアジアの中ではトップで、人口も男性は約6000万人を超えるなかで26.05%をマークしてます。
実に4人に1人以上の男性が薄毛に悩んでいるという数字になります。

また高齢化が進む日本では女性の薄毛人口も増加しつつあります。
テレビコマーシャルでは女性用のウィッグや増毛エステのコマーシャル本数が増えていますし、ネット通販では女性を意識したデザインの育毛剤の商品数が増加傾向にあります。
近い将来薄毛に悩む日本人の割合は30%を超える日がやってくるかもしれません。
そんな未来を打破できるよう、健やか地肌の作り方や薄毛抜け毛のアレコレをご紹介していきます!

AGAってなんのこと?

薄毛には様々なタイプがあります。
その中でも治療が必要な「病気」として認められている薄毛には「○○脱毛症」という病名が付くのが一般的ですね。
では脱毛症の中で患者数が最も多い症例は何かご存知でしょうか?

それはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれるもので、なんと脱毛症患者全体の8割を超えています。
他にもびまん性脱毛症や円形脱毛症など一口に脱毛症といっても多種多様ですが、8割を超えるAGAの患者数は圧倒的多数と言えますね。
AGAは男性型脱毛症と呼ばれるように男性の患者が95%以上を占めています。

かつては「ハゲは医者では治せない」というのが常識でしたが、AGAに関しては近年効果の高い治療薬が開発されました。それはフィナステリドという成分が配合されたプロペシアという内服薬です。
またミノキシジルという成分を含んだ育毛剤も大正製薬からリアップという商品名で製造販売されています。 フィナステリドもミノキシジルも国の許認可を得た正式な医薬品ですが、プロペシアは内服薬のため医師の処方箋が必要です。
一方で頭皮に直接塗ったりもみ込んだりするいわゆる育毛剤は、これらの成分を含んでいても薬局やドラッグストアで購入することが可能です。

AGAの患者を年齢別に分類すると65歳以上の高齢者が圧倒的に多いことから、これも老化現象として諦めていた人が多く少し前では医者でさえそういった見解でした。
皮膚科で適切に治療をしてもらうことで治る可能性が出てきたということは、AGAに悩む人には朗報と言えるでしょう。

薄毛に悩む方におすすめの記事

  • ダイエットからの薄毛

    メタボとか中性脂肪とか騒がれていますが、男性にも女性と同じく美意識が高く過度のダイエットをしてしまう人がいます。もちろん、健康な体型を目指すならばダイエットは非常に良いことですが、急激なダイエットには様々なトラップが潜んでいます。その1つが薄陰毛…

  • 日本人に多い薄毛のタイプ

    脂肪の付き方や、内臓のつくりなど食文化や生活習慣によってことなるものです。やはり長きにわたり日本で生活してきた男性の薄毛にも共通点はあるものです。その特徴とは…

  • 薄毛に悩む人は少なくない

    同じを悩みを持つ人は少なくありません!…

  • 自律神経と薄毛の関係

    体の働きを無意識のうちにコントロールしてくれる自律神経。その自律神経と薄毛に密接な関係が…