AGA治療薬プロペシアとは?

プロペシアとは男性型脱毛症(AGA)を病気と位置づけ、皮膚科や薄毛外来などの専門医で積極的な治療を啓蒙させるきっかけとなった、エポックメイキング的な位置づけの薬です。ただし、プロペシアはAGA以外の薄毛治療には用いられません。なぜなら、それは主成分であるフィナステリドがAGAを引き起こすある特定の物質に対して作用し、その物質の働きを阻害することでAGAの発症を食い止めるという薬だからです。そのためAGAとは発症のメカニズムが異なるびまん性脱毛症や円形脱毛症、粃糠性(ひこう性)脱毛症には効果がないとされています。ではプロペシアがAGAにどのように作用するかをもう少し具体的に説明していきましょう。AGAはその名の通り男性が発症しやすい脱毛症ですが、その主な原因は男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が深く関与しています。DHTは同様に男性ホルモンの一種である遊離テストステロンに5α-リダクターゼ(還元酵素)と呼ばれる物質が結びつくことで変異したものです。テストステロン自体は毛母細胞の男性ホルモン受容体と結びつくことで髪の毛を太く丈夫にしてくれる物質なのですが、それが5α-リダクターゼによってDHTに変わると全く別の性格になってしまうのです。まるでジキルとハイドのようですね。DHTは元々テストステロンですから容易に毛母細胞の男性ホルモン受容体と結びつき、毛母細胞を蝕んで髪の毛を弱らせ抜けやすくさせてしまいます。プロペシアに含まれているフィナステリドはこの5α-リダクターゼの働きを邪魔する成分なのです。DHTに変異しない遊離テストステロンは髪の毛の健康状態にとって欠かせない物質ですから、フィナステリドは遊離テストステロンを守る防衛隊のようなイメージで捉えてもらえば良いと思います。